一之輔のアメリカンスクール時代の友人が大統領SPに!? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一之輔のアメリカンスクール時代の友人が大統領SPに!?

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。6月7日に書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が刊行されました!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。6月7日に書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が刊行されました!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「大統領」。

*  *  *
 5月26日、訪日中のトランプ大統領が両国国技館で大相撲観戦をするという。この原稿を書いているのが25日。明日の観戦が何事もなく済んでいることを願います。

【この記事の画像の続きはこちら】

 私が横須賀のアメリカンスクールにいた頃、同級生にスタンという海兵隊員の子がいた。彼とは一緒に烏骨鶏の飼育係をしていた仲だ。よく二人で産みたての卵を盗み飲みしていたせいか彼は体が大きかった。小2で175センチオーバー。相撲が大好きで高見山に憧れていた彼のあだ名は「マルハチ」だった。

 中2で米国へ戻ったので音信が途絶えて30年近くになる。先日彼からエアメールが届いた。「ディア・トシカズ……」彼はその身体を生かして現在SPをしているらしい。「聞いてくれ、トシ。今度プレジデントの警護でジャパンに行くんだよ」スタンはなんとトランプのSPとして訪日に同行するとのこと。世界で一番命が狙われる米大統領のSPということは、世界で一番身体と心の強い男と言ってよいだろう。「竹馬之友」の私も鼻が高いぜ、マルハチ!

「初めてコクギカンにも行けるんだ!! エキサイティングだろ!?」幼い頃から相撲好きの彼だが、生の観戦は未経験。トランプの訪日スケジュールに大相撲観戦が組み込まれていて、もちろん彼も警護のために念願の国技館に足を踏み入れるという。おめでとう、マルハチ! ただそんな機密事項(当時)を私みたいな落語家に洩らしていいの?とも思ったが嬉しさあまって、まさに勇み足マルハチ。

「トシ、ただひとつ俺が残念なのは……」ん? ちょっと雰囲気が変わったぞ。「警護の都合上、土俵に背を向け続けなければならないんだ……こんな皮肉なことがあっていいのか!!」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい