運転免許の高齢者講習、余裕のつもりが…作家・黒川博行がレポ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

運転免許の高齢者講習、余裕のつもりが…作家・黒川博行がレポ

連載「出たとこ勝負」

黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

※画像はイメージです (Getty Images)

※画像はイメージです (Getty Images)

 器材を使って動体視力、夜間視力、視野を測定されたあと、実地講習に移った。受講者はぞろぞろと教習所のコースに出て、三人ずつ車(クラウンコンフォートだった)に分乗する。ひとりが運転、ふたりがリアシートに座って見学、指導員は助手席からドライバーにあれこれ指示をするシステマチックなルールだった。

 ひとりめの運転は、あたりまえだが、わたしと同年輩のおばさんだった。普段は軽自動車ですといい、実地講習ははじまった。

 おばさんは気の毒に、ずいぶん緊張していた。発進停止はギクシャク、車庫入れでは脱輪、一旦停止の交差点では標識を見落とした。そのたびにヒェーッとのけぞるから、わたしは笑ってしまい、おばさんも笑って、三人の受講生になごやかな連帯感と団結心が生じたのはなによりだった。そう、“ストックホルム症候群”とはこのことか。いや、ちがう。

 ふたりめの小肥りのおじさんは、ここ二十年、ペーパードライバーだといったが、車庫入れにとまどっただけで、無事、コースを走り切った。おばさんとわたしは拍手して、おじさんは満足げにうなずいたが、その拍子にキャップがずれて、あわてて直していた。おじさんは頭髪関係が不満足なのだろう。

 そうしてついに、わたしの順番がきた。日頃、大きいセダンを運転しているからコンフォートなんぞ大したことないと思いつつ、ちゃんと右ウインカーを点滅させて発進したのはいいが、S字カーブでの減速が遅れて危うく脱輪しそうになった。いまのはシャレでっせ、と指導員を見たら横を向いていた。気を取り直して、次の車庫入れへ──。

 みごとに脱輪した。おばさんはフフッと笑い、わたしは呵々と大笑して、連帯感がいや増した。

週刊朝日  2019年6月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒川博行

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい