本人に会えるかも! 香取慎吾の “毎週進化”する個展がスゴイ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本人に会えるかも! 香取慎吾の “毎週進化”する個展がスゴイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
工藤早春週刊朝日
【BOUM! BOUM! BOUM!】客席の正面にあるオブジェは、心拍を計測するデバイスを香取さんの体に装着して作製された。オブジェからは香取さん自身の心臓の音が聞こえてくる。実際に手や耳をオブジェに当てて観賞することが可能だ。ちなみにほとんどの作品が写真撮影OK (撮影/写真部・加藤夏子)

【BOUM! BOUM! BOUM!】客席の正面にあるオブジェは、心拍を計測するデバイスを香取さんの体に装着して作製された。オブジェからは香取さん自身の心臓の音が聞こえてくる。実際に手や耳をオブジェに当てて観賞することが可能だ。ちなみにほとんどの作品が写真撮影OK (撮影/写真部・加藤夏子)

 香取慎吾さんが日本で初めて開いた個展「BOUM! BOUM! BOUM!」の来場者数が10万人を突破した。連日ファンであふれかえる会場に入ると、絵画やオブジェなど躍動感あふれる作品が迎えてくれた。

【写真特集】特別公開!香取慎吾さん初個展の作品をチラ見せしちゃいます

 来場者数10万人突破記念のイベントには、シークレットで香取慎吾さん本人が登場した。知らされていなかった観客は、一気に興奮状態に。本人も「作品を見るためだけに、こんなにたくさんの人が足を運んでくれて……嬉しいです」と感激の様子。

 展示された作品は、絵画、オブジェなど約120点。どの作品も生きているかのように生き生きとしている。香取さんは忙しいなか、時間を見つけて、ほぼ毎週「作品に手を入れている」そう。会場に行ったら、絵を描いているシンゴちゃんにばったり会えるかも? 会期はあと少し。急いで!

(取材・文/工藤早春[本誌])

週刊朝日  2019年6月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい