発酵の専門家、小泉武夫が絶賛の「鰯つみれ鍋」とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

発酵の専門家、小泉武夫が絶賛の「鰯つみれ鍋」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖村かなみ週刊朝日#人生の晩餐
奈加野/渋谷の賑やかな繁華街にありながら、情緒あふれる雰囲気で魚料理が楽しめる居酒屋 (撮影/写真部・片山菜緒子)

奈加野/渋谷の賑やかな繁華街にありながら、情緒あふれる雰囲気で魚料理が楽しめる居酒屋 (撮影/写真部・片山菜緒子)

鰯つみれ鍋
新鮮な鰯を使った「鰯つみれ鍋」(2400円)は名物。締めに追加で注文したうどんを入れれば、魚のうまみを堪能できる。旬の刺し身や炭火焼き、自家製薩摩揚げなど、魚好きを飽きさせない献立がずらり。銘酒も揃い、香り豊かな裸麦を使った小泉武夫氏プロデュースの焼酎「裸の麦をつかまえて」(写真)も味わえる。税別
【奈加野】/東京都渋谷区宇田川町31-3 田中ビル2F(営)11:30~13:30L.O. 17:00~22:30L.O.(休)日 (撮影/写真部・片山菜緒子)

鰯つみれ鍋
新鮮な鰯を使った「鰯つみれ鍋」(2400円)は名物。締めに追加で注文したうどんを入れれば、魚のうまみを堪能できる。旬の刺し身や炭火焼き、自家製薩摩揚げなど、魚好きを飽きさせない献立がずらり。銘酒も揃い、香り豊かな裸麦を使った小泉武夫氏プロデュースの焼酎「裸の麦をつかまえて」(写真)も味わえる。税別
【奈加野】/東京都渋谷区宇田川町31-3 田中ビル2F(営)11:30~13:30L.O. 17:00~22:30L.O.(休)日 (撮影/写真部・片山菜緒子)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、農学博士・小泉武夫さんの「奈加野」の「鰯つみれ鍋」だ。

【酒の肴に絶品の鍋 「奈加野」の「鰯つみれ鍋」の写真はこちら】

*  *  *
 私は大衆的な店が好き。「安くておいしいものを食べさせてあげよう」といった気構えの店はわくわくします。こちらもそんな一軒です。通い始めて25年くらいは経つでしょうか。なんといっても目利きが仕入れた新鮮な魚にいつでもありつける。これが最大の魅力です。

 刺し身もいいですが、私のおすすめは鰯のつみれ鍋。鰯は足が早いでしょ。だから臭みが出やすい。しかしこの店は、とびきり新鮮なネタをつみれにし、竹筒に詰めて出してくれます。これをヘラでギュギュッと押し出し鍋に入れると、ぷかっと団子が浮いてくる。箸でかき分け、かき分け、最初はつみれだけを引っ張り出していただきます。ホクホクとした食感と濃厚なコクがたまりません。酒の肴に最高。焼酎や辛口の純米酒がよく合います。鰯のうまみをたっぷり吸った野菜や豆腐もじつにうまい。そして最後はうどんを追加し、だしまで余すことなくいただきます。おいしいものを食べると心と体の糧になる。まさにそんな鍋ですね。

(取材・文/沖村かなみ)

「奈加野」東京都渋谷区宇田川町31−3/営業時間:11:30~13:30L.O.、17:00~22:30/定休日:日曜

週刊朝日  2019年6月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい