むしろ皮がおいしい! 仁科亜季子の忘れられない「ひつまぶし」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

むしろ皮がおいしい! 仁科亜季子の忘れられない「ひつまぶし」

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖村かなみ週刊朝日
まるや本店 東京ミッドタウン店/(撮影/写真部・片山菜緒子)

まるや本店 東京ミッドタウン店/(撮影/写真部・片山菜緒子)

ひつまぶし ミニ
地元で愛される名古屋名物「ひつまぶし」の店が、今年3月、東京に初出店。数種類の醤油とみりんを合わせた絶妙の甘辛いたれ、お米マイスターがブレンドした硬めに炊いたご飯が人気の秘密。1杯目は茶碗によそってそのまま食べ、2杯目は好みでネギや大葉を加え、3杯目は急須に入っただしをかけ、わさびを添えてお茶漬け風に味わえる。「ひつまぶし ミニ」(2550円)は、持ち帰り用の弁当(2350円)もある。17時から鰻会席8000円~提供。税込み
【まるや本店 東京ミッドタウン店】/東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス3F(営)11:00~22:00L.O.(日祝~21:00L.O.)(休)なし

ひつまぶし ミニ
地元で愛される名古屋名物「ひつまぶし」の店が、今年3月、東京に初出店。数種類の醤油とみりんを合わせた絶妙の甘辛いたれ、お米マイスターがブレンドした硬めに炊いたご飯が人気の秘密。1杯目は茶碗によそってそのまま食べ、2杯目は好みでネギや大葉を加え、3杯目は急須に入っただしをかけ、わさびを添えてお茶漬け風に味わえる。「ひつまぶし ミニ」(2550円)は、持ち帰り用の弁当(2350円)もある。17時から鰻会席8000円~提供。税込み
【まるや本店 東京ミッドタウン店】/東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス3F(営)11:00~22:00L.O.(日祝~21:00L.O.)(休)なし

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、女優・仁科亜季子さんの「まるや本店 東京ミッドタウン店」の「ひつまぶし ミニ」だ。

【「ひつまぶし ミニ」の写真はこちら】

*  *  *
 数年前、名古屋で舞台公演があった時、共演者の方々とこちらのお店の本店にお邪魔しました。その時にいただいた、ひつまぶしの味が忘れられなくて。この春、東京に出店されたと聞き、久しぶりに息子を誘って、食事に出かけました。

 私は量が少なめの「ひつまぶし ミニ」を、息子は並盛りの「ひつまぶし まる」を注文。量が選べるのも嬉しいところ。まずはお茶碗によそって、海苔をふりかけていただきます。甘辛いたれが鰻とご飯に絡んで、思わず箸が進みます。じつは私、やわらかい鰻の皮が苦手で……こちらは関西風の焼き鰻だから、皮面がパリッと香ばしく焼き上げてあって、むしろ皮がおいしいくらいなんです。

 最後に温かいだしをかけ、わさびを添えて楽しみますが、大葉やネギの薬味でアレンジできるのもいいですね。ミニといっても女性だとちょうどいいくらいのボリュームでした。息子もよほど気に入ったのかしら? あっという間にぺろりと平らげていましたね(笑)。

(取材・文/沖村かなみ)

「まるや本店 東京ミッドタウン店」東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス3F/営業時間:11:00~22:00L.O.(日祝~21:00L.O.)/定休日:なし

※週刊朝日 2019年5月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい