「脳は30代以降の方がよく動く」脳研究者・池谷裕二が寄藤文平と対談 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「脳は30代以降の方がよく動く」脳研究者・池谷裕二が寄藤文平と対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
[左]東大大学院教授 池谷裕二(いけがや・ゆうじ)/1970年、静岡県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科教授。本誌で「パテカトルの万脳薬」を連載中。/[右]アートディレクター 寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)/1973年、長野県生まれ。アートディレクター・イラストレーター。文庫版『パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平』のブックデザインを手がける。

[左]東大大学院教授 池谷裕二(いけがや・ゆうじ)/1970年、静岡県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科教授。本誌で「パテカトルの万脳薬」を連載中。/[右]アートディレクター 寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)/1973年、長野県生まれ。アートディレクター・イラストレーター。文庫版『パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平』のブックデザインを手がける。

池谷:私は、文章を書いているときに言葉を選んでいるうちに書きたいことそのものが少し変わっていくことがあります。寄藤さんには、そういうことはありますか?

寄藤:あります。実際に描いていく中で変わることって、ありますよね。

池谷:ちなみに、デザインを最終形に仕上げるためには、どれくらいの時間が必要なんですか?

寄藤:今回の文庫版のデザインに関しては、3分ほどでした。

池谷:え? たった3分ですか。

寄藤:そうですね。装丁を始めた頃との一番の違いは、デザインを思いつく速度かもしれません。速度がすごく増しました。

池谷:世間のイメージでは、脳は若ければ若いほどよく動くというのがあると思うんです。「20歳を超えたから記憶力が落ちる」とか「40歳になったら、新しいことを始めるのは、もう無理」とか。でも、実は全然違うんですよね。脳の研究をしていて思うのが、10代の脳は多少の吸収力はあるかもしれないけれど、同じことを吸収するのに40代に比べて意外と時間がかかったりするんです。何か新しいものを吸収するには、受け皿が必要なんですが、10代だと人生経験が浅いから受け皿自体が少ない。だから、丸暗記するしか方法がない。でも、年を重ねた僕らはもうちょっと上手に、「この単語は、フランス語のあの単語と関連してるのかな」とか、結びつきを瞬時に思い浮かべられる。だから、実は30代以降、40代や50代のほうが脳は非常によく動くという側面があるんです。世間では、これを「経験値」というのかもしれません。ところで、芸術作品は、名作といわれるものは比較的、見る人全員その感覚が一致しますよね。あれは何なんでしょうね。

寄藤:確かに本の装丁もそうかもしれません。いい装丁というのは著者の名前や、書籍の内容を知らない人でも、見ただけですごく納得できるデザインになっている気がします。

池谷:私も、寄藤さんから装丁案を見せていただいたときに、これしかないと思いました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい