北原みのり「『黙りたくない』が集結する場」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『黙りたくない』が集結する場」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

北原みのり週刊朝日#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

イラスト/田房永子

イラスト/田房永子

 もちろん、男性の被害者もいる。性暴力被害の多くは女性であるので、男性被害者の場合、「男なのに?」という偏見や、“女性のように扱われた”屈辱など、被害が複雑化すると言われている。さらに男性被害の多くが子ども時代のものなので、成人してからの告発はどれほど難しいだろう。

 5月11日、私は大阪のフラワーデモに参加した。大学生もいた。横山ノック元知事のセクハラ裁判で闘った女性たちもいた。性被害にあった子どもを持つ母の会の方々の姿もあった。

 決して新しい問題ではない。いや、むしろずっと声をあげ続けてきた人はいた。ずっと苦しんできた人がいた。そして新たに苦しんでいる若い世代がいる。ずっとずっと、コップの水が溢れるギリギリを私たちは生きてきたのだと思う。だから、溢れた。大阪でこんな話をしてくれた人がいた。

「いつかスーパーマンのようなフェミニストが現れて、世界を変えてくれるのだと思っていました。でも、そんなことは起きなかった。だから、今日来ました。本当に変えたいから」

週刊朝日  2019年5月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい