4歳息子の「なんで?」に鈴木おさむ「この際ゼロから考えたい」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4歳息子の「なんで?」に鈴木おさむ「この際ゼロから考えたい」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ
鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 たとえば目の前に甥っ子がいて、イジる感じでやっていたらダメです。だけど、別にイジるわけでもバカにしているわけでもなく、その動きをまねしていることはなぜダメなのか? 甥っ子は、障がいがあって、ほかの人がやらないような動きをして、その動きをまねすることのなにがダメなのか? 説明できない自分がいました。そして、息子は言いました。「○○君って、話し方変だよね」と。それもバカにしているわけではなく、純粋にそう思ったから僕に聞いたわけです。

 以前、姉に聞いたことがあります。いつか息子にそういうことを聞かれたときにどう答えたらいいと思うか?と。そのとき姉は「生まれたときに病気になって、話せないんだよ」と答えればいいと教えてくれました。僕はそのとおりに答えました。息子は少しは納得したと思います。

 3歳から4歳になり、いろいろなことを理解していく中で、さりげない「なんで?」は、自分の中で固定化された考え方をもう一度、フラットに戻してくれます。なんでダメなの? なんでいけないの? この際、多くのことを「0」から考えてみたい。

週刊朝日  2019年5月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい