「理想の落語家は“ペヤング”」? 一之輔のマニア愛がスゴイ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「理想の落語家は“ペヤング”」? 一之輔のマニア愛がスゴイ

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「伝統」。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 常日頃「○○が好き!」と言ってると、お客さんがその○○を差し入れてくれることがある。ただ「お金が好き!」と言ってもなかなか真に受けてもらえないようです。

『ペヤングソースやきそば』が好きで、たびたびペヤングが届くようになりました。「白飯にペヤングをかけて食べる背徳感最高!」と言ったら『サトウのごはん』と『ペヤング』と割り箸が1セット届いたことも。「楽屋で食べな」ということかな。家族がいないときに独り貪るのがいいんですけどね。

 もっと言うとですね……あのちょい辛なソースでご飯を炊いて食べるのが美味い! 1袋に対して1合のお米。青のりと“あのスパイス”をかけたらペヤングライスの出来上がり。……となると、ソース無しの「麺のみペヤング」が一つ出来ちゃうんですが、そんなときはもう一つペヤング買ってくる。そのソースをさっきの「麺のみ」に使って、またペヤング買ってきて、そのソースをさっきの「麺のみ」に……。順繰りにやってるうちに、私は恐らくいまわの際です。足腰が立たず、ペヤングを買いに行くこともままならず。故に使うソースがない! どうしたらいい!? だがご心配なく!! その頃の私はすでに自分でソースの調合が出来る身体になってるはず。冷蔵庫にあるものでソースを作り、最後のペヤングは自分のオリジナルソースを使う。そりゃ本家には敵うはずありません。「やっぱり本物で食べたかったな……でも俺の『ペヤング』もまんざらじゃ……」。これが私の最後の言葉。それがペヤングに殉ずるってことではないか!? 私はそう思うのです!!

 ……閑話休題。最近はペヤングもいろんな「変わり種」があります。『パクチーレモン味』『チョコレート味』『かきあげ味』……なら、かきあげそばを売ればいいのでは、なんて言っちゃダメ。話題になった『超超超大盛GIGAMAX 2142kcal』。白飯を同量のせたらちょっとした“餌”みたいだったけど、4分の3超えたあたりから気持ち良くなってきた。これぞペヤングハイ。ペヤングって合法ドラッグ? こないだ出たのが『限定販売 金粉入り』。カップやきそばと金粉。庶民とゴージャスの融合。いやいや、ゴージャス要らないから。ペヤングユーザー層は金粉かけるなら、青のり増やしてほしい層ですよ。考え過ぎちゃったのか、何も考えてないのか……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい