室井佑月「あの話、どうなった?」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「あの話、どうなった?」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
室井佑月週刊朝日#室井佑月
室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

イラスト/小田原ドラゴン

イラスト/小田原ドラゴン

 安倍さんもタダで日本の自動車企業に投資金を出せっていえるはずもなく(夏に参議院選あるし)、また大幅な法人税減税をするのだと思う。

 今度の参議院選で安倍さんはまたまた「消費税増税を延期します」といいだしそうだけど、みんなが忘れたころにやっぱり増税するとしか思われず。

 だって、日本の税収は変わっていない。変わったのは内訳。消費税を増やした分、法人税が減った。法人税を減らすなら、それしかないわな。

 そうそう、5月4日のおなじく日経新聞に、米国が貿易交渉で農産品での早期合意を求めてきているようなことが書かれていた。日本側は参議院選まで嫌だっていってるみたいだけど。

 大事なのは、トランプさんとの仲良しごっこと、目先の選挙だけみたいね。

週刊朝日  2019年5月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい