象徴はジャンボとタイガー? 丸山茂樹「平成は最高の時代」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

象徴はジャンボとタイガー? 丸山茂樹「平成は最高の時代」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

平成最高の思い出です(Getty Images)

平成最高の思い出です(Getty Images)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、平成を振り返る。


【丸山さんの平成最高の思い出の写真はこちら】

*  *  *
 いやあ、やってきましたね。令和の時代が。

 僕はプロデビューが平成4(1992)年で、令和元年にシニアに転向ですからね。これをいいきっかけにしたいと思います。新たな思いを持って、違う世界に挑戦するという気持ちを高めていきたいですよね。

 平成の30年と少しを振り返ると、僕にとってはもう、最高の人生であり、時間だったと思います。

 日大の学生のときに平成になって、ゴルフの調子もよく、プロデビューして。そこからずっとプロゴルファーとして、ほんとにいい人生を歩ませていただきました。僕にとっては、平成は最高の時代でした。

 その中でもよかったことといえば、ジャンボ(尾崎将司)さん(72)という日本のスーパースターのゴルフを目の前で見続けられたことと、タイガー・ウッズ(43)という世界的なプレーヤーのゴルフも、すぐ近くで見てきたということですよね。悪いことといえば、日本で大きな震災が2回あったってことじゃないですかね。

 あんまり、自分のこと興味ないんですよね。ハハハ。それでも自分のことでよかったことを挙げるとしたらもう、2002年のワールドカップ優勝です。

 伊澤利光さん(51)と組んで、平成14年にメキシコで開かれた「世界ゴルフ選手権EMCワールドカップ」で勝ちました。日本チームの優勝は45年ぶりだったんです。これが一番ですね。当時はオリンピックにゴルフはなかったですから、国を代表した喜びっていうのはワールドカップしかなかったんですよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい