春風亭一之輔 「令和」を知った日を振り返る (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔 「令和」を知った日を振り返る

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 11時25分。高速道路に入る前のバス停で乗客が増えた。気がつくと、きく麿兄さんの横にお爺さんが座っていた。お爺さんがヨロヨロとスマホをいじる。お爺さん、視界にきく麿兄さんが入っていないようだ。お爺さんの肘が兄さんの突き出た腹肉にガスガス当たる。ムッとするが、なにも言わない兄さん。ガスガスするたびにブニンブニンする腹。ガスガス、ブニンブニン、ガスガス、ブニンブニン。

「そろそろですよ。見ます?」。後ろの席から利さんがスマホをかかげる。液晶の画面には『まもなく新元号発表』とスーパーが出たまま10分経過。「出てこねーな、菅」「髪とかしてんじゃね?」「分け目、逆になってたり」「書いた紙、失くしちゃってたり」「カレーうどんの汁はねちゃってたり」。バカなことを言いながら11時41分。「出てきた! いつもの分け目!」

 菅「新しい元号は……『令和』であります」
 二人「……ふーん。『れいわ』?……言いにくいな」

 気にせずゲームを続けるもの一人。爺さんに腹を突かれ続けるもの一人。ほか、うとうとするもの。新元号にさほど興味のない芸人たちが博多の会場に着いたのは13時20分。「さ、高座のマイクチェックしたら弁当食おう!」「へーい!」

 4月1日、振り返ればなんでもない一日だった。

週刊朝日  2019年5月3日‐10日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。この連載をまとめた最新エッセイ集『まくらが来りて笛を吹く』が、絶賛発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい