丸山茂樹の予想的中! “マスターズ勝利”タイガー・ウッズの強さとは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹の予想的中! “マスターズ勝利”タイガー・ウッズの強さとは

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

絵になる男だねえ (Getty Images)

絵になる男だねえ (Getty Images)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、マスターズを振り返る。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 いやあ、恐ろしい。

「今回はタイガーにワンチャンあるよ」なんて言ってたんですよね。当たっちゃいました。タイガー・ウッズ(43)が「マスターズ」(4月11~14日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGC)で勝ちました。メジャーの優勝は11年ぶり15度目で、米PGAツアー81勝目です。

 彼は「このマスターズで勝てないと、もうないんじゃないか」ぐらいの気持ちで来ると思ってたんです。そしたらやっぱり、ミラクルがありましたね。サンデーバックナインで7人ぐらいに優勝の可能性がある中、このチャンスをものにするメンタルの強さ、強運、それから技術。もう何なんでしょう。小田和正さんの曲にありましたけど、「言葉に~、できな~い」ですね。

 1997年に21歳でマスターズに勝ってメジャー初優勝。2000年の段階で「最強」と言われてね。いまはもう、当時の「ヤング・タイガー」と言われた黄金期のゴルフではないんです。本人はそれをしっかりと認めた上で、「レジェンド・タイガー」のゴルフをまっとうしてるというかね。スイングも無理してないし、コースマネジメントも無理してない。そこを徹底できたのは、本当にすごいなと思いましたね。それに、バランスを崩す回数が非常に少なくなってるんです。

 あれだけ大人数での優勝争いになっても、「ここまでいったら絶対に大丈夫だ」というビジョンが、彼の中にあると思うんです。「そこに持っていけたら追いつかれない」とか「ここまで達してたら、どこまでいける」ってのが、嗅覚で分かるんでしょうね。自分の中のゾーンに入り込んでる感じがしますね。

 ただただ、やっぱり宇宙人でした。これでゴルフ界も一段と盛り上がるし、ああいうスーパースター、神の域に達してる人が身近にいるというのは、若手のいい刺激になりますよ。同じ試合に出てれば、タイガーと回れるチャンスがあるんですから。そのゴルフを目の前で見られるのは、やはり幸せだと思うんですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい