【悩み相談】「やめるべきか」と悩む公務員に前川喜平の答えは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【悩み相談】「やめるべきか」と悩む公務員に前川喜平の答えは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
前川喜平週刊朝日#前川喜平
上司との関係に悩まない勤め人はいない… (※写真はイメージです) (c)朝日新聞社

上司との関係に悩まない勤め人はいない… (※写真はイメージです) (c)朝日新聞社

 願いはかないませんでしたが、私も本当は大臣に辞表をたたきつけるような辞め方がしたかったんです。信念に反する命令を受けた時、「それには従えません!」と辞表をパーンと出してみたかったなあ……。

 話を戻すと、上司でらちが明かないようなら、さらに上のポストの人に訴えるのも手。最後は知事や市長に直訴するのもありだと思う。あるいはマスコミにリークし、「税金徴収はこれでいいのか?」と問題化する。「お前がリークしたんだろ」と言われないためには、表向きには上司と同じ行動を取り、マスコミから“たたかれる側”に回ればいい。悪者になりながら正義を訴えるというのは、これはこれで美学です。

 手っ取り早いのは、上司の命令に対して、「分かりました」「すぐやります」と言いながら、何もしない。僕も昔は、この手をよく使ったなあ。のらりくらりとかわしているうちに、定年になるかもしれません。

 どうしても命令に従わざるを得ず、差し押さえになってしまったら、差し押さえられても生きていける方法を考えて相手に教えてあげる。徴収業務の範囲を超えているかもしれませんが、信念に沿うやり方で仕事をすればいいのです。

 あなたは良い公務員だと思います。定年前の1年には、その時期だからやれることがたくさんある。組織にしがみつく必要もないし、自分の良心に従うやり方をすべきだと思います。残り1年を楽しんでくださいね。

週刊朝日  2019年5月3日‐10日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい