柳楽優弥 “カンヌ受賞”俳優として叶えたい目標とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

柳楽優弥 “カンヌ受賞”俳優として叶えたい目標とは?

菊地陽子週刊朝日
柳楽優弥(やぎら・ゆうや)/1990年生まれ。東京都出身。12~13歳のときに出演した(公開時は14歳)是枝裕和監督「誰も知らない」で第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を史上最年少で受賞。今年は、映画「ザ・ファブル」「泣くな赤鬼」の公開が控える (撮影/篠塚ようこ、ヘアメイク/佐鳥麻子、スタイリスト/池田尚輝、衣装協力/ネペンテス)

柳楽優弥(やぎら・ゆうや)/1990年生まれ。東京都出身。12~13歳のときに出演した(公開時は14歳)是枝裕和監督「誰も知らない」で第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を史上最年少で受賞。今年は、映画「ザ・ファブル」「泣くな赤鬼」の公開が控える (撮影/篠塚ようこ、ヘアメイク/佐鳥麻子、スタイリスト/池田尚輝、衣装協力/ネペンテス)

 藤田さんの場合、稽古中に、台詞が変わることもしょっちゅうだというが、「是枝(裕和)監督の『誰も知らない』のときも台本はなかったですし、即興的に作っていくスタイルは好きなので、不安はないです」と、にこやかに話す。実際、アメコミ原作のマーベル映画を、藤田さんと一緒に観る時間も作ってあるそう。

 14歳にして、カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した彼の俳優としての目標は、いつかまた、世界3大映画祭で賞を取ることだという。

「世界的な賞の名に恥じない俳優でありたいという気持ちは常に持っています。ただ、俳優の仕事は、一人では絶対に成り立たない。様々な作り手の方との共同作業の中で、常に周囲にインスピレーションを与えられる存在になれたらいいですね」

(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日  2019年4月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい