孤高のヴァン・モリソン、名盤デラックス・エディション発売!

連載「知新音故」

小倉エージ週刊朝日#小倉エージ
ヴァン・モリソン『ヒーリング・ゲーム(デラックス・エディション)』
ソニー・ミュージック SICP-6081~3
拡大写真

ヴァン・モリソン『ヒーリング・ゲーム...

 孤高のシンガー・ソングライターとして語られるヴァン・モリソン。今年、8月で74歳になるが、この2年の間に4枚の新作を発表。ライヴ活動も積極的に行うなど実に精力的だ。

【『ヒーリング・ゲーム』のジャケット写真はこちら】

 そんな彼が1997年に発表し、名盤として語られてきた『ヒーリング・ゲーム』のデラックス・エディションがようやく発表された。2017年に20周年記念として発表のニュースが流れたものの公式告知もなく、発表は無期延期となっていたのだ。

 その内容はCD3枚組で、ボーナス・トラックを含むオリジナル盤、同作前後に収録されたレア・トラック、敬愛する先達とのコラボ曲、97年のモントルー・ジャズ・フェスティヴァルでのライヴ録音など全44曲を収録したものだ。

 ヴァン・モリソン(ジョージ・アイヴァン“ヴァン”・モリソン)は45年、北アイルランドのベルファスト生まれ。ジャズやブルースのレコードのコレクションを持っていた父親からの影響をきっかけに、R&B、ゴスペル、フォークやカントリーなどにも親しみ、スキッフル・バンドを結成。ローカル・バンドでの活動を経て、63年にゼムのメンバーとしてデビュー。幅広い音楽背景の中でもレイ・チャールズ、ソロモン・バークに傾倒し、ワイルドなシャウトはじめソウルフルな歌唱スタイルを身につけ、ブルーアイド・ソウル・シンガーとして評価された。

 ゼムでは「ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー/グローリア」などのヒットを放ち、6 6年にソロとなり、翌年「ブラウン・アイド・ガール」がヒット。さらに『アストラル・ウィークス』(1968)『ムーンダンス』(1970)といった名盤を発表しシンガー・ソングライターとして確固たる評価を得た。

 もっとも80年代には音楽界の主流から離れた独自の精神的な世界を追求し、“孤高の存在”と語られるようになったが、90年代に入ってからは積極的な活動によって再脚光を浴び、93年にはロックの殿堂入り、96年には大英帝国勲章のOBEを受章した。

 そして97年に発表したのが本作『ヒーリング・ゲーム』だ。90年代に入ってブルース、R&B、ジャズなど自身のルーツ音楽のカヴァー曲を主体としてきたが、同作は全曲が自作曲であり、生まれ育ったベルファストでの少年時代の回顧や当時親しんだR&Bへの回帰などが話題となり、代表作として語られるようになった。

続きを読む

次ページ>

もうひとつ見逃せないのは…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック