室井佑月「新元号で、どうしろと?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「新元号で、どうしろと?」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
室井佑月週刊朝日#室井佑月
室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

イラスト/小田原ドラゴン

イラスト/小田原ドラゴン

 作家の室井佑月氏は、新元号発表による「お祭り騒ぎ」に苦言を呈する。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 ここんとこ、テレビで一番長く時間を割いて報道しているのは、新元号「令和」について(4月6日現在)。決まる前から大騒ぎしていたもんな。そのことにどんな意味があるの?

 元号が新しくなったからといって、違う明日はやってこない。我々の毎日は変わらない。生活苦にあえぐ人々もそのままだ。血税をジャブジャブ使っている腐敗政治の膿が、洗い流されるわけでもない。

 ここまでお祭り騒ぎをするってどうよ? そんな風にいえば、国民はみな天皇陛下が好きだから、という答えが返ってくる。

 その答えは、半分正解で半分間違いだとあたしは思う。たしかに、国民は陛下が好きだ。しかし、それが馬鹿騒ぎの理由にはならない。

 ならば、テレビは陛下のお話の数々にもっとスポットを当てるべき。

 陛下は、護憲派で、平和を愛し、国から虐げられている沖縄のことも心配されている。どうしてそっちは広めないの?

 安倍さんを熱烈に応援している人々に、「売国奴」「日本人じゃない」といわれるあたしだけど、あたしは日本人だし(個人的にどうでもいいが)この国も天皇陛下のことも好きだ。陛下が皇族だから好きなわけじゃない。陛下のお話しされる内容から窺(うかが)える、お人柄を尊敬している。

 やたらと日の丸を振り回したがる「安倍信者」は、陛下のお話をちゃんと聞いているんだろうか、と不思議になる。

 それからテレビでよく流れるのは、日産前会長のカルロス・ゴーン容疑者のこと。

 ゴーン容疑者が再逮捕されたことで、またお祭り状態になっている。正直、この国の検察の動きに、おかしいと思うところはある。公平なのかと。だけど、テレビでやっているのは、そういうことではない。

 カリスマ経営者だったゴーン容疑者の転落劇を、おもしろおかしく報じているだけ。てか、彼をカリスマと持ち上げたのもマスコミじゃん。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい