ロケットスタートした日向坂46 乃木坂、欅坂と坂道3グループのアイドル界席巻はいつまで続く? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロケットスタートした日向坂46 乃木坂、欅坂と坂道3グループのアイドル界席巻はいつまで続く?

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日
日向坂46のメンバー(提供=ソニー・ミュージックレコーズ)

日向坂46のメンバー(提供=ソニー・ミュージックレコーズ)

「いわゆる美人系を集めて、清楚なお嬢様路線の乃木坂46、一方パフォーマンスでは笑うことも少なくクール路線を貫く欅坂46。それに対して日向坂のコンセプトは『ハッピーオーラ』、見てる人が明るく幸せな気持ちになってくるような感じです」

「ひらがなけやき時代にもそのようなイメージはありましたが、日向坂としてデビューしたことで、それを前面に押し出してきた。少し前の時代の、テンションが上がるような明るく元気なデビュー曲は、グループのカラーをよく表していると思います」

 それぞれタイプの違う3つのグループが揃ったことで、前出の宗像さんは、これからのアイドル界の人気はこの坂道3グループが独占していく可能性もあると分析する。

「清楚で切なげ、クールでシリアス、明るく元気。アイドルのメインストリームの大きな3つの要素がそれぞれ坂道で埋まっちゃうことになるんです。日向坂のデビュー曲の売り上げで、それが確実なものになると証明された気がします。そうなると、違う魅力を探していかなければならなくなる他のアイドルグループは大変になってきますね」

 乃木坂、欅坂、日向坂。3つの坂道を駆けるメンバーたちは、相乗効果を起こしながら、ますます加速していく。(本誌・太田サトル)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい