「神戸では本当によく打たれた」イチローの偉大さを東尾修が讃える (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「神戸では本当によく打たれた」イチローの偉大さを東尾修が讃える

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

現役最後の試合後、歓声にこたえるイチロー(3月21日、東京ドーム) (c)朝日新聞社

現役最後の試合後、歓声にこたえるイチロー(3月21日、東京ドーム) (c)朝日新聞社

 昨年5月からベンチを外れ、いくら練習していても、試合の中で試行錯誤することはできない。それでも変わらぬ日々を送った精神力は誰もまねはできないよ。その技術や野球観は日本の野球界に還元してもらいたい。世界のトップに上り詰めた成功体験を伝えること。いずれイチローを超える才能がイチローを理解できた時、またスーパースターが誕生するだろう。

 そして、もう一つ。悲しいニュースがあった。横浜(現DeNA)やロッテの監督を務めた近藤昭仁さんが死去した。私の現役時代の西武のコーチも務めていたし、監督時代にも対戦した。ロッテ監督の時には私も西武の監督だった。ひと言で言えば、厳しさを使い分けられる人だった。チーム状況に応じて、選手のレベルに応じて、厳しさの度合いを変えていたように思う。近年はゴルフ場でもお会いできず心配していた。

 新元号となる2019年。時代の変化はどの世界にもある。今年プロ野球の世界に飛び込んだルーキーも、数多く開幕1軍のメンバー入りを果たした。過去と未来をどう結びつけていくか。野球一つとっても、いろいろと考えさせられる。

週刊朝日  2019年4月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい