警察のGPS捜査は「重大な違法」と裁判所が断罪した本当の理由

2019/04/03 14:22

 北海道警察本部が裁判所の令状を取らずに元暴力団員のA被告(46)の車にGPS端末を取り付けた捜査の違法性が争われた裁判で、旭川地方裁判所は3月末、「重大な違法」と断罪。波紋を広げている。問題の事件は2017年4月、北海道旭川市内で起こった。

あわせて読みたい

  • 警察が「令状なし」で捜査対象者にGPS…監視社会の“危うさ”

    警察が「令状なし」で捜査対象者にGPS…監視社会の“危うさ”

    AERA

    12/5

    本職刑事が苦笑い? 刑事ドラマのあぶない違法捜査

    本職刑事が苦笑い? 刑事ドラマのあぶない違法捜査

    dot.

    7/15

  • 警察に「共謀罪」を与えて大丈夫か

    警察に「共謀罪」を与えて大丈夫か

    AERA

    7/5

    独走スクープ! 大阪府警がスパイにガサ情報を漏洩!

    独走スクープ! 大阪府警がスパイにガサ情報を漏洩!

    週刊朝日

    11/14

  • 衝撃の無罪!警官が被告に覚醒剤を飲ませ、自作自演か 裁判所が断罪した冤罪捜査の全貌

    衝撃の無罪!警官が被告に覚醒剤を飲ませ、自作自演か 裁判所が断罪した冤罪捜査の全貌

    週刊朝日

    3/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す