意外なものも…東大合格者の“勝負メシ&スイーツ”は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

意外なものも…東大合格者の“勝負メシ&スイーツ”は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日#大学入試
東大の合格発表で喜ぶ受験生ら (撮影/写真部・大野洋介)

東大の合格発表で喜ぶ受験生ら (撮影/写真部・大野洋介)

アンケート回答者の内訳/理系の合格者が尊敬する偉人ベスト10  (週刊朝日2019年4月12日号より)

アンケート回答者の内訳/理系の合格者が尊敬する偉人ベスト10  (週刊朝日2019年4月12日号より)

理系の合格者がオススメする参考書/勝負メシ・勝負スイーツトップ10  (週刊朝日2019年4月12日号より)

理系の合格者がオススメする参考書/勝負メシ・勝負スイーツトップ10  (週刊朝日2019年4月12日号より)

 将来の目標では、学者・研究者が全体の2割を占め圧倒的。理Iは数学者、物理学者、化学者、理IIでは薬剤や生物の研究、理IIIでは研究医や脳科学者などが多かった。

 将来の目標は頼もしい。「物理学の研究者になって第2宇宙をみつける」(理I・女性)、「治療の難しい病気の特効薬を開発したい」(理II・男性)、「脳科学者として未解明のものを研究する」(理III・男性)などがあった。

 ここからは、入試前に食べた「勝負メシ・勝負スイーツ」について見ていこう。文系・理系ともに上位に入ったのは、「カツ」と「カツ丼」だ。「消化しにくく胃もたれしやすいので入試前は避けるべき」という専門家の見方もあるが、験担ぎは「心の栄養素」にもなる。文系でランクインした「ステーキ」もおなかに優しいとは言いがたいが、気合を入れるには良さそう。

 消化しやすい「うどん」や「おにぎり」も人気を集めた。手軽なエネルギー補給になっているようだ。

 理系では「鍋」がランクイン。様々な栄養を補給しやすく、受験生に適した食事と言える。

 スイーツでは、チョコレートやキットカットが上位に。チョコの成分は「集中力を向上させる」などと言われている。意外なのは「ラムネ」菓子。脳のエネルギー源となるブドウ糖を多く含み、受験生に受け入れられつつあるようだ。

 最後に睡眠時間は、理系は6時間以上8時間未満が約7割。全体の平均は7時間で、科類別に見ると理IIIが7.2時間で、理Iと理IIが7.1時間だった。文系と比較すると、文Iは7時間、文IIと文IIIが6.9時間で、理系のほうが睡眠を重視しているのかも。(本誌・吉崎洋夫、大学入試取材班)

週刊朝日  2019年4月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい