「まいうー」のオーラが漂うシェフ!? 石塚英彦、絶賛のイタリアン

今中るみこ週刊朝日
わたり蟹のスパゲッティ看板料理の「わたり蟹のスパゲッティ」は、山形県の庄内浜でとれた蟹を使用。2日がかりで丹念に蟹の殻や身のうまみを引き出すソースが味の決め手に。仕上げにウォッカで風味付けしたトマトクリームソースは贅沢な味わいだ。おまかせコース5400円。単品1365円。昼のコース1240円~、夜のコース3024円~でも提供。税込み (撮影/岡田晃奈)
トラットリア ロアジ/東京都世田谷区等々力4-8-1 堀之内等々力ビル2F(営)11:30~15:00L.O. 17:30~21:30L.O.(休)月
拡大写真

わたり蟹のスパゲッティ看板料理の「わ...

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、お笑いタレント・石塚英彦さんの「トラットリア ロアジ」の「わたり蟹のスパゲッティ」だ。

【写真】「わたり蟹のスパゲッティ」はこちら

*  *  *
 この店にはじめて家族と出かけた時、まずシェフを見て「あぁ、この人が作る料理なら絶対にうまいだろうなあ」と確信しました。全身から「まいうー」のオーラが漂っている人なんです。うちのオヤジと同じ山形県出身と聞き、なおさら親近感を感じましたね。しかも店内に「御利用の心得10カ条」というユニークな黒板がある。「ダイエットは明日から!」と書かれてあってニンマリ(笑)。食欲がわかないわけがありません。

 巷のいろんなお店に「おまかせコース」ってありますが、こちらのコース料理は本当にまかせて安心です。お皿にいろいろのった前菜からパスタ、肉、デザートまで、いつも大満足で楽しませてもらっています。

 なかでも「わたり蟹のスパゲッティ」は、最初に食べて衝撃を受けて以来、必ずお願いする一品。蟹のポテンシャルを存分に引き出していて、素材のおいしさを完全に超えちゃっている。濃厚なソースが麺に絡んで、まさに「まいうー!」。一度、試してみてください。

(取材・文/今中るみこ)

「文ちゃん」東京都世田谷区等々力4−8−1 堀之内等々力ビル2F/営業時間:11:30~15:00L.O.、17:30~21:30L.O./定休日:月曜

週刊朝日  2019年4月5日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック