NGT騒動収束せず「アイドルビジネスの終わりの始まり」 報告書を徹底分析

上田耕司週刊朝日
 新潟県のアイドルの身にふりかかった暴行事件が、混乱と不信を生み出している。NGT48メンバーの山口真帆さんが顔をつかむなどの暴行を受けたとされる事件は、3月22日に新潟市内で行われたNGT、AKB48などを運営する会社・AKSによる記者会見でさらなる泥沼化へ。NGTが出演中の地元ラジオ局の番組やメンバーのトークショーなどのイベントが休止や中止に追い込まれた。ここまで問題が大きくなると、簡単には収まりそうにない。

【写真】自らを「干されメンだった」と語ったSKE48の元メンバーはこちら

 上智大学文学部新聞学科の碓井広義教授(メディア文化論)はこう話した。

「この事件は、秋元康さんが生み出してきたアイドルビジネスの終わりの始まりだと思うんですよ。秋元さんは沈黙していますが、AKBグループをプロデュースする総帥としての見解を示すべきではないか。そうしないと、多分、ファンの人も含め、誰も納得しないのではないでしょうか」

 これまでも、AKBグループの握手会などでトラブルは起きていた。

「会いに行けるアイドルだとかファンの人たちとの距離が近いことを売りにしてやってきた中で、傷害事件にまで発展したこととか、表面化しなかったものも含めると、諸々あったんです。その頃は、秋元さんが発言して、カバーするということをきちんとやっていたと思うんです」(碓井教授)

 会見には、AKSの運営側の松村匠取締役ら3人が出席。 会見と同時進行で山口さんがツイッターで生反撃し、AKSの松村匠取締役は答えを訂正する場面もあった。

「会見に支配人や取締役が出てきても、誰も納得しない状況ですよね。運営側はあくまでも、NGTのダメージを最小限に抑えて、早めにこの騒動を収束させたいのでしょう。そのための第三者委員会の報告発表だった印象です。被害者である山口さんをケアしていくというよりも、ビジネスを優先させているという判断を感じさせました。それに対して、山口さんがたった1人で戦っているという図式だと思います」(同)

 山口さんは「なんで嘘ばっかりつくのでしょうか」とツイッターした。

「まさにSNS時代を目の当たりにした思いでした」(同)

続きを読む

次ページ>

「ビジネスとして下り坂」

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック