医師が患者と連絡先を交換することは、なぜいけないのか? (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

医師が患者と連絡先を交換することは、なぜいけないのか?

連載「現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司週刊朝日#ヘルス
大塚篤司/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

大塚篤司/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

※写真はイメージです(写真/getty images)

※写真はイメージです(写真/getty images)

「患者さんと連絡先交換しちゃだめだよ」

 1年目に先輩医師から聞いたその言葉を思い出します。

 患者さんにとって「主治医と個人的に連絡を取る」ことが特別な意味を持つということを私は理解していませんでした。患者さんは、病院の診察以外でも相談ができ、体調が悪くなったときは直接連絡をとろうとします。「病気のことは病院で相談しよう」。そう切り離して考えることはないでしょう。しかし主治医が、患者さんのこういった期待に全て応えられるかというと、そうではありません。私たち医者は一人でたくさんの患者さんを診ています。それに、普段の生活があります。ひとりの患者さんのために365日24時間捧げることは私には無理でした。

 患者さんと個人的に連絡を取るということは、病院以外の時間にも責任を持つということ。若い頃の私はその覚悟がないまま、都合よく自分の生活を守りながら東さんの優しさに甘えていました。

 あれから10年以上経ちます。近所のスーパーでイカの塩辛を見ると東さんを思い出します。そして、あのときの後悔はずっと忘れていません。私のことを心から応援してくれた東さんのおかげで、医者として責任を持つことがどういうことか学びました。自分の祖母のことを思い出すように、今でも東さんのことを思い出します。東さんの送ってくれたお野菜、おいしかったな。

◯大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん薬物治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい