草なぎ剛“エロおやじ役”は新境地? 映画「まく子」出演

工藤早春週刊朝日

草なぎ剛“エロおやじ役”は新境地? 映画「まく子」出演

草なぎ剛(右)と鶴岡慧子(ヘアメイク・荒川英亮、スタイリスト・黒澤彰乃、撮影・加藤夏子/写真部)
 業界切っての演技派として知られる草なぎ剛さん。15日に公開される出演映画「まく子」では、小学5年の主人公、サトシの父親・光一役で、「女遊びの絶えないダメおやじ」という役どころに挑戦した。役柄との共通点や映画での草なぎさんの魅力など、鶴岡慧子監督と語り合った。

【笑顔の草なぎ剛さんの写真はこちら】

*  *  *
──草なぎさんにはどんな指示をされたんですか。

鶴岡慧子(以下、鶴岡):ほとんどしていません。役にスッと入っていただいたので。位置の指定くらいはしましたけど。とにかくまずやってもらって。でもそれでOKだったので。

草なぎ剛(以下、草なぎ):いや、僕は監督になんか言われないように(指導されないように)、監督のいないところにスッスッと逃げたりしていたんですよ(笑)。

──演技をする際、役との共通点を探すんですか。

草なぎ:そういうときもあります。今回の場合、僕も光一と同じでダメなところが多いんで。怠け者っていうか。そういうところ、とてもよくわかるし、やっぱり男ですから、かわいい子を見ると、かわいいなとか思うし(笑)。そういう部分を強めてみたりだとか。父親らしからぬ父親なので、あんまりいいお父さんじゃなくてもいいので。監督がうまくレールを敷いてくれたので、自分の持っている力がいい具合に出せました。僕、初号を見たときに、新しい自分というか、新しい顔を見た気がしたんです。ダメおやじの役だったんだけど、大人としてこういう路線もあるんじゃないかって。僕は鶴ちゃんに、こういう演じ方もあるんだよって導いてもらったのかなって思います。

──サトシを演じた山崎光さんは今15歳。草なぎさんが同じくらいの年だったころ、すでに芸能界に……。

草なぎ:無理ですね。あんな演技はできません。あのころの僕は「無」。何者でもなかった。この仕事はしていたけど、へなちょこでした。演技とか本当にできないですよ。監督から言われたことしかできないから、役になるとかそういうのはできなかったですよね。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック