前貼りなしで! 草なぎ剛“どんな役にも挑戦したかった”独立当時の心境吐露 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前貼りなしで! 草なぎ剛“どんな役にも挑戦したかった”独立当時の心境吐露

このエントリーをはてなブックマークに追加
工藤早春週刊朝日
草なぎ剛(くさなぎ・つよし)/1974年、埼玉県生まれ。91年CDデビュー。出演作は、映画「黄泉がえり」「日本沈没」「あなたへ」「クソ野郎と美しき世界」、テレビドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」「任侠ヘルパー」など多数。2017年9月にオフィシャルファンサイト「新しい地図」を立ち上げた(ヘアメイク・荒川英亮、スタイリスト・黒澤彰乃、撮影・加藤夏子/写真部)

草なぎ剛(くさなぎ・つよし)/1974年、埼玉県生まれ。91年CDデビュー。出演作は、映画「黄泉がえり」「日本沈没」「あなたへ」「クソ野郎と美しき世界」、テレビドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」「任侠ヘルパー」など多数。2017年9月にオフィシャルファンサイト「新しい地図」を立ち上げた(ヘアメイク・荒川英亮、スタイリスト・黒澤彰乃、撮影・加藤夏子/写真部)

草なぎ剛(右)と鶴岡慧子(ヘアメイク・荒川英亮、スタイリスト・黒澤彰乃、撮影・加藤夏子/写真部)

草なぎ剛(右)と鶴岡慧子(ヘアメイク・荒川英亮、スタイリスト・黒澤彰乃、撮影・加藤夏子/写真部)

鶴岡慧子(つるおか・けいこ)/1988年、長野県生まれ。立教大学在学中に映画を撮り始め、卒業制作として作った初の長編監督作品「くじらのまち」がPFFアワード2012のグランプリ&ジェムストーン賞に。長編2作目の「はつ恋」はバンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー賞にノミネートされた(ヘアメイク・荒川英亮、スタイリスト・黒澤彰乃、撮影・加藤夏子/写真部)

鶴岡慧子(つるおか・けいこ)/1988年、長野県生まれ。立教大学在学中に映画を撮り始め、卒業制作として作った初の長編監督作品「くじらのまち」がPFFアワード2012のグランプリ&ジェムストーン賞に。長編2作目の「はつ恋」はバンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー賞にノミネートされた(ヘアメイク・荒川英亮、スタイリスト・黒澤彰乃、撮影・加藤夏子/写真部)

鶴岡:そうですね。最初は、原作どおりみたいな脚本を書いて、そこからちょっとずつ脚色していった感じですね。

草なぎ:作品の核になるところをちゃんと映画にも残していたんですね。魂というか、気持ちがこもっている映画になってるよね。

鶴岡:ありがとうございます。

──サトシと光一がズボンとパンツを下ろし、初めてお互いに向き合うシーンがあります。あの場面は実際にされたんですか。

草なぎ:もちろん。最初は前貼りをつけていたんですけど、どうしても後ろが見えちゃうと。

鶴岡:前貼りのテープがちょっと見えちゃう。

草なぎ:だから思い切って外して。でも、サトシと僕しか見えていません。

鶴岡:そう。お二人しか見えていませんから。

草なぎ:サトシは見ていいんですよ。そういう役だし。僕もちょっと恥ずかしかったけど、そこはもう役者同士の戦いですから。

──本当の親子と思って演じたんですね。

草なぎ:それはそうです。台本を読んだとき、このシーンは僕が出演している部分で一番大事だなと思ってたんです。ここからちょっとサトシが変わっていくっていうか。

──それほど大切なシーン。

草なぎ:そう。恥ずかしいと思っていたら、ばちが当たるっていうか。サトシは撮影中、温泉街にずっと泊まり込みで、すごい度胸がついていたんですよ。監督のサトシへの指導がすごいから。リハーサルから「サトシ、そうじゃないよ」って。

鶴岡:「思い切りいけよ」みたいな感じで、厳しく指示しましたから(笑)。

草なぎ:すべてのシーンで監督は妥協していなかった。やさしい顔して「もう一回、いってみよう」って。彼は鍛えられていました。あそこのシーンでも、僕は「ここをちゃんとやればどうにかなる」みたいな、ちょっと軽い気持ちで入ったんですけど、サトシはすげえオーラをまとってて。その温泉街に暮らしている小学生になりきってた。僕も「ちゃんとやんなきゃな」って気合が入りました。あのシーン、サトシも僕もすごく緊張しました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい