「翔んで埼玉」が「ボヘミアン」越え? 県内興行は全国シェア23% (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「翔んで埼玉」が「ボヘミアン」越え? 県内興行は全国シェア23%

上田耕司週刊朝日
「ボヘミアン・ラプソディ」を超えそうな勢いの「翔んで埼玉」

「ボヘミアン・ラプソディ」を超えそうな勢いの「翔んで埼玉」

 都内で見た人がわざわざ、埼玉まで行って、「翔んで埼玉」を見ることがはやっているという。はなわは東京と佐賀を往復する生活を送ってきたが、この映画が公開されてから、佐賀よりも、埼玉のほうにいることが多くなったという。はなわといえば「佐賀県」が大ヒットしたのが16年前の2003年。

「当時は経済効果が何百億円とニュースにもなった。今のところは、埼玉をディスっているだけですが、徐々に、曲のダウンロード数、配信が伸びてきました。もしかしたら、日本国内ならボヘミアン超えも可能。映画と『埼玉県のうた』の力で埼玉ブームを起こして、埼玉の皆さんに経済効果をもたらしたいですね」

(本誌・上田耕司)

週刊朝日  2019年3月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい