箱根駅伝の“通説”破った東京マラソン それでも男子復活は厳しい?

2019/03/15 08:00

 3月3日、気温5.7度、冷たい雨が降る中で行われた東京マラソン。優勝が期待された大迫傑(27)が、29キロ付近で棄権するアクシデントもあったが、レース結果を見て、正月の風物詩「箱根駅伝」ファンは快哉を叫んだのではないだろうか。

あわせて読みたい

  • 男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    週刊朝日

    3/13

    次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    dot.

    6/23

  • 伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    dot.

    2/12

    MGCの覇者を青学大OBが予想「一番怖い選手」の名前

    MGCの覇者を青学大OBが予想「一番怖い選手」の名前

    dot.

    9/9

  • 五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    週刊朝日

    9/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す