貴乃花光司が真相告白、なぜ引退後に離婚を決断? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貴乃花光司が真相告白、なぜ引退後に離婚を決断?

週刊朝日
貴乃花光司(たかのはな・こうじ)/1972年8月12日、東京都生まれ。二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属、入門当時から優れた素質が話題となり、数々の最年少記録を打ち立てた。生涯戦歴は、794勝262敗、幕内優勝は22回。第65代横綱として数多くの記録を残す。引退後、一代年寄・貴乃花として貴乃花部屋の師匠を務め、日本相撲協会理事および相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)などを歴任した。昨年10月、日本相撲協会を退職。今後、子どもに相撲を教える社団法人を立し活動の予定 (撮影/写真部・加藤夏子)

貴乃花光司(たかのはな・こうじ)/1972年8月12日、東京都生まれ。二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属、入門当時から優れた素質が話題となり、数々の最年少記録を打ち立てた。生涯戦歴は、794勝262敗、幕内優勝は22回。第65代横綱として数多くの記録を残す。引退後、一代年寄・貴乃花として貴乃花部屋の師匠を務め、日本相撲協会理事および相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)などを歴任した。昨年10月、日本相撲協会を退職。今後、子どもに相撲を教える社団法人を立し活動の予定 (撮影/写真部・加藤夏子)

貴乃花光司さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・加藤夏子)

貴乃花光司さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・加藤夏子)

林:そんなに大変だったんですね。

貴乃花:家の中ではいつも和気あいあいで、そういうことはまったく家庭に持ち込まなかったんですけど。ただ私も父(故・元大関貴ノ花)が相撲取ってるのをテレビで見ざるを得ない状態で育ってきて、尋常じゃない精神状態になっちゃうときもあるので、それが長男(優一さん)と元嫁にはつらい部分も多分にあったと思うんです。

林:ご長男もいろいろ大変みたいですが、仲良しなんですか。

貴乃花:まあ、連絡は来ます。

林:そうですか。「連絡もない」みたいな書き方をしている週刊誌もありますけど。

貴乃花:まだ23歳で、職人としてもこれからなのに、テレビに出させてもらったりして、そこがちょっとあれですよね。出るたびに私は心配で、「出なくていいのに」と思って。せっかく靴職人といういい職を選んだので、もっともっと経験を積んでもらって……と思います。

林:優一さんはテレビで「うちの父ぐらいカッコよくて素晴らしい人は見たことない」と言ってましたね。

貴乃花:そんなことばっかり言うので、「息子がそんなこと言うのはおかしいから、もう言うな」ってちょっと叱ったんです(笑)。

林:こんなことお聞きするのはあれなんですけど、お母さまやお兄さんとは……。

貴乃花:ぜんぜん連絡とってないです。

林:でも、お母さまは一生懸命コールなさってるじゃないですか。

貴乃花:そのときが来たらいいな、と思ってはいるんですけどね。

林:家族って煩わしいこともありますけど、なんでそんなにつらい道を自ら選ぶんですか。

貴乃花:すごく感謝はしてるんです。だけど横綱をやらなきゃいけなかったことと、私が親父の跡を継いで、親父の弟子が自分の弟子になったので、代わりにやらなきゃという気持ちがありました。それで離散という形になってしまいましたけど、私ももう引退したので、そんなに肩肘張る必要もなくなった。だから今後は普通に会えるかなと思います。

(構成/本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年3月15日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい