あの傑作小説の映画化! 仏映画ならではの魅力「天国でまた会おう」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あの傑作小説の映画化! 仏映画ならではの魅力「天国でまた会おう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(c)2017 STADENN PROD. ― MANCHESTER FILMS ― GAUMONT ― France 2 CINEMA (c)Jerome Prebois / ADCB Films

(c)2017 STADENN PROD. ― MANCHESTER FILMS ― GAUMONT ― France 2 CINEMA (c)Jerome Prebois / ADCB Films

(c)2017 STADENN PROD. ― MANCHESTER FILMS ― GAUMONT ― France 2 CINEMA (c)Jerome Prebois / ADCB Films

(c)2017 STADENN PROD. ― MANCHESTER FILMS ― GAUMONT ― France 2 CINEMA (c)Jerome Prebois / ADCB Films

■大場正明(映画評論家)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
反戦、友情や親子の絆、詐欺計画、復讐と反逆、数奇な運命など盛りだくさんのストーリー。ファンタジックでテンポのよい演出。仮面や衣装などの華麗な美術。すべてが緻密で、フランス映画ならではのセンスを堪能できる。

■LiLiCo(映画コメンテーター)
評価:★★★ なかなかGOOD!
この時代のフランスの香りすら漂ってきました。ストーリーを聞くとちょっと難しくて重いイメージがありますが、作品はとてもユーモアに溢れていて軽快。展開と笑いと、マスクに隠れた想いの切なさのバランスが良い。

■わたなべりんたろう(映画ライター)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
俳優ながら監督としても活躍するデュポンテルの才気みなぎる作品。パズルのように見事な脚本に凝ったカメラワークながら、とてもエモーショナルである。意外性溢れる痛快な逆転劇としても出色。俳優陣も見応えあり。

週刊朝日  2019年3月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい