23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日
※写真はイメージです (撮影/写真部・松永卓也)

※写真はイメージです (撮影/写真部・松永卓也)

 現在、日本の国会議員は約700人いるが、資産が3億円を超えるのは、10人にも満たない。麻生太郎氏ですら4億8682万円だ。

 そんなに大金を支払える政治家が果たして東京にいるのだろうか。

 そこで本誌は、元国会議員の資産家で大物フィクサーとされる人物の意見を聞いてみた。

「私は襟を正して生活しています。そんな変な政治家とお付き合いがないからわからないね(笑)」

 他に心当たりのある政治家がいるかを尋ねると、こう一蹴された。

「いくら政治家がバカと言われても、そんなことする人はどこにもいないでしょう。永田町を探したって無駄です」

 一方、処女を入札にかけたママドゥザダさんはどんな人物なのか。

 昨年、トルコのファッションショーでパリス・ヒルトンさんとステージに立った経験もあるモデルという。シンデレラ・エスコートによると、彼女はオークションで得た資金で、母親のために家を購入したり、祖国で犬の保護センターを建設したりする計画だという。真相は藪の中だ。(本誌・田中将介)

週刊朝日  2019年3月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい