鈴木おさむが「ポツンと一軒家」を“テレビ界の奇跡”と評するワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木おさむが「ポツンと一軒家」を“テレビ界の奇跡”と評するワケ

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ
鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

「ポツンと一軒家」が話題となっているテレビ朝日 (c)朝日新聞社

「ポツンと一軒家」が話題となっているテレビ朝日 (c)朝日新聞社

 スマスマの裏にしゃべくりが始まったことは、結果、長らく番組を続ける中で、違う努力をするようになったので、良かったのだと思う。「ポツンと一軒家」と「イッテQ!」の視聴者はそんなにかぶりがないと思うが、ただ、人気番組が裏で生まれたことによって、焦りはないわけではないと思う。それが別のスイッチとなって、さらに進化していくことを期待している。

 で、「ポツンと一軒家」は、その前の番組「人生で大事なことは○○から学んだ」の一企画だった。「人生で~」は視聴率的にはとても苦戦していたと思う。だけど、終盤に「ポツンと」企画の視聴率が上がっていった。ほぼ終了が決まっている中で、この企画が上がり、そしてそれが番組になった。テレビ界で10年に一度起きるかどうかの奇跡だと思う。

 その番組をやっている作家さんに聞いたのだが、この企画の成り立ちは、「グーグルアースを見ていると、ポツンと家があるけど、どういう人が住んでいるのだろう」といった疑問を会議で言ったところ、あるスタッフがカメラを持ち、それを実行して、撮影し、編集したものを会議で見せたのだという。なんというガッツだ。結局、そこなんですよ。誰かのガッツ。ガッツから奇跡は生まれる。労基の問題で、こういう「ガッツ」が消えないことを望む。

週刊朝日  2019年3月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい