がん患者の入院から社会復帰までかかわる麻酔科医が「手術室の内科医」と呼ばれるワケ

ヘルス

2019/03/05 08:00

 患者と接する機会は少ないが、がん治療において重要な役割を担う麻酔科医。その人数が常勤で確保されている病院は、がん手術の質が高いと聞いた。週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院2019」では、手術室の麻酔科医を取材した。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す