生死を超越すれば認知症も超える? 医師・帯津良一の「健脳」養生法

「健脳」養生法――死ぬまでボケない

ヘルス

2019/03/04 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「内なる自由を獲得する」。

あわせて読みたい

  • 窮屈な世の中は情報過多のせい? 老子が説く“捨てることと自由”
    筆者の顔写真

    帯津良一

    窮屈な世の中は情報過多のせい? 老子が説く“捨てることと自由”

    週刊朝日

    9/23

    心のときめきと“老い” 異性との付き合いが大切なワケ
    筆者の顔写真

    帯津良一

    心のときめきと“老い” 異性との付き合いが大切なワケ

    週刊朝日

    9/9

  • “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」

    週刊朝日

    4/6

    帯津良一「『攻めの養生』で最期まで生きる」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津良一「『攻めの養生』で最期まで生きる」

    週刊朝日

    4/11

  • 「病気でない=健康」とは言えない 帯津医師が思う定義とは?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「病気でない=健康」とは言えない 帯津医師が思う定義とは?

    週刊朝日

    1/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す