春風亭一之輔を襲った悲劇 ノンフライヤー導入で“お父さん”交代? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔を襲った悲劇 ノンフライヤー導入で“お父さん”交代?

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「発明」。

【今週のお題の画像はこちら】

*  *  *
 ラジオのフリートークでのこと。パートナーが「ノンフライヤーってスゴい『発明』ですね!」と振ってきた。「油を使わずにフライが出来て、しかも素材の油をカットして調理できるんです!」。私は「便利なものって人間をドンドン退化させるよねー、怖い怖い!」と、軽くスルー。「使えばわかる!」「なきゃ使えない!」。押し問答の2週間後、なんとフィリップス社から番組宛てに『ノンフライヤー』が送られてきた。なんで?

 担当者からの手紙。「御番組のリスナー様より、汾陽麻衣様(パートナー)が弊社の製品について高く評価をしてくださっている、とお知らせを頂きました。春風亭一之輔様はノンフライヤーをまだご存じないとのこと。実際に使って頂きその性能をご理解頂いてはどうか? とのご提案をリスナー様から頂きました」とある。

 番組リスナーがフィリップス社に直接、「一之輔にノンフライヤーを送ってやってくれ。番組の企画も埋まるし、宣伝にもなるし、ウィンウィンなんじゃないか?」な旨のメールをしたみたい。頼んでもないのに、大会社相手にユスリタカリみたいな真似すんなよ! 恥ずかしい。

 まあ送られてきたのはありがたい。早速『ノンフライヤー師匠へのヨイショコーナー』をつくり担当者さんにもご登場頂いた。ノンフライヤー師匠、めっちゃ可愛いっ! エレガントなワインレッドに高崎のだるまさんを思わせるポッテリと愛嬌のある身体つき。期待大!

 刻んだじゃがいもを入れてダイヤルをひねると「ヌオーーーン」と雄たけびをあげるノンフライヤー師匠。存在感溢れる勇者の咆哮だ。しばらくすると「チーン」という音。軽妙でひょうきんな一面をお見せになる師匠。先ほどとのギャップがたまりません。ツンデレ!

「出来上がりです」と冷静な担当者の声。ハンドルをとって師匠のボディを開けると、なかには熱々のフライドポテトが!!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい