杉良太郎「『杉さま』は嫌でした」  芸能界引退を考えた過去を告白 (2/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

杉良太郎「『杉さま』は嫌でした」  芸能界引退を考えた過去を告白

石原壮一郎週刊朝日
杉良太郎(すぎ・りょうたろう)/1944年、兵庫県神戸市生まれ。65年歌手デビュー。67年NHK「文五捕物絵図」の主役に抜擢。時代劇を中心に数多くのドラマに出演し、舞台でも活躍。デビュー前から福祉活動を続け、2008年には芸能人として初の緑綬褒章。09年紫綬褒章。16年に文化功労者。現在、法務省特別矯正監、外務省日・ASEAN特別大使、警察庁特別防犯対策監など。妻は演歌歌手の伍代夏子。著書に『媚びない力』(NHK出版新書)など (撮影/写真部・大野洋介)

杉良太郎(すぎ・りょうたろう)/1944年、兵庫県神戸市生まれ。65年歌手デビュー。67年NHK「文五捕物絵図」の主役に抜擢。時代劇を中心に数多くのドラマに出演し、舞台でも活躍。デビュー前から福祉活動を続け、2008年には芸能人として初の緑綬褒章。09年紫綬褒章。16年に文化功労者。現在、法務省特別矯正監、外務省日・ASEAN特別大使、警察庁特別防犯対策監など。妻は演歌歌手の伍代夏子。著書に『媚びない力』(NHK出版新書)など (撮影/写真部・大野洋介)

杉良太郎さん (撮影/写真部・大野洋介)

杉良太郎さん (撮影/写真部・大野洋介)

 無給で働いたのには理由があります。どんな仕事にも苦労はありますが、人は報酬があれば動きます。つまり、お金をもらって働くのは当たり前のこと。一円も報酬をもらわないという、当たり前ではない道を私は選んだのです。これを辛抱できれば、どんなことにも耐えられて歌手になれると思ったのです。

 ただ一つ、お店が休みになる元日は心細かったです。仕事が休みなのに、行く当てもなく、話す相手もいないので、店の前を行ったり来たりしながら日が暮れていく。そのときがなんともいえず、不安でした。

 週2日の歌のレッスンにはカレー屋がある向島から上野まで歩いて通っていました。お金がなかったので電車賃がなく、片道2時間歩きました。冷たい雨粒がからだにあたっても、風が吹き付けてもコートなんかありませんし、喉が渇いてもペットボトルの飲みものなんてなかった。今、思うとあれで身体も鍛えられたのではないかと思います。

――65年「野郎笠」で歌手デビュー。67年にNHKのテレビドラマで主演を務めると、民放からも次々と俳優の仕事が舞い込み、テレビの視聴率競争に巻き込まれていく。杉は瞬く間にスターの階段を駆け上がっていった。その一方で、「人間関係は難しかった」と振り返る。

 当時は3時間睡眠の生活でした。本来は8日かけて1本のドラマを撮影するところを自分の出番のところは1日半で撮っていました。スケジュールが間に合わなかったのです。

 視聴率競争というより戦争でした。断崖絶壁に立たされている感じで、落ちたらおしまい。視聴率が悪いと主役が悪いと言われるんです。

 視聴率がいい枠を与えられたのではなく、自ら視聴率の低い枠を選び、わずか数%から10%、20%と上げていった。視聴率を上げるためにはどうすればよいかをずっと考えていました。視聴者がどうすれば喜ぶか、どういう場面で留飲が下がるのか、など。新聞記事を読めば、いま世の中でどんなものがはやっているか、人は何に関心があるのかがわかります。だから僕が詐欺や誘拐などのネタを盛りこんだシノプシス(あらすじ)を考え、3本ずつくらい脚本家に伝えて仕上げていただきました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい