患者の理解度に差があるのに皆に同じような説明をする医師 「診察がストレス」になったら?

ヘルス

2019/03/04 16:00

「主治医との関係がうまくいかない」と悩む患者は少なくない。主治医側に原因があると考えてしまいがちだが、患者側にもできることがたくさんある。週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院2019」では、患者が身につけたい医師とのコミュニケーション術を取材した。

あわせて読みたい

  • 「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    週刊朝日

    5/26

    「セカンドオピニオン」を聞いた病院にそのまま転院したい 医師の答えは!?

    「セカンドオピニオン」を聞いた病院にそのまま転院したい 医師の答えは!?

    週刊朝日

    5/4

  • 患者が誤解しやすい「がん用語」を医師が解説 標準治療の正しい意味とは?

    患者が誤解しやすい「がん用語」を医師が解説 標準治療の正しい意味とは?

    週刊朝日

    8/8

    闘病経験者がまとめた「がんになってからの心得10カ条」

    闘病経験者がまとめた「がんになってからの心得10カ条」

    週刊朝日

    6/13

  • 医師に聞いた「セカンドオピニオン」の“上手な受け方”

    医師に聞いた「セカンドオピニオン」の“上手な受け方”

    週刊朝日

    5/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す