稲垣吾郎に「テレビ局の“忖度”とかある?」と質問 答えは… (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

稲垣吾郎に「テレビ局の“忖度”とかある?」と質問 答えは…

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
稲垣吾郎さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・大野洋介)

稲垣吾郎さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・大野洋介)

稲垣吾郎(いながき・ごろう)/1973年、東京都生まれ。88年、SMAPを結成。91年にCDデビューを果たす。2016年の解散まで国民的グループとしてさまざまな分野で活躍。主演映画「半世界」が全国劇場で公開中。舞台「LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン~」(4月6~30日、東京・Bunkamuraシアターコクーン)出演も控える。文学や映画にも造詣が深く、大のワイン好きとしても知られる (撮影/写真部・大野洋介)

稲垣吾郎(いながき・ごろう)/1973年、東京都生まれ。88年、SMAPを結成。91年にCDデビューを果たす。2016年の解散まで国民的グループとしてさまざまな分野で活躍。主演映画「半世界」が全国劇場で公開中。舞台「LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン~」(4月6~30日、東京・Bunkamuraシアターコクーン)出演も控える。文学や映画にも造詣が深く、大のワイン好きとしても知られる (撮影/写真部・大野洋介)

林:そうですよね。やっぱりテレビ局の“忖度”とかあるんですか。

稲垣:どうなんですかね。林さんのほうが詳しそうじゃないですか(笑)。

林:いや、詳しくないです。

稲垣:そのへん、うちはそういう細かいことをタレントに言わないんですよ。僕としても、そういう大人の細かい事情とかはあえて知らないでいたい、という感じですね。僕らはあくまで表現する仕事だから、そのあたりのことはあんまり知りたくないなと思うんです。

林:メロメロのラブストーリーもやってほしいですよ。淡々とした役もいいけど、今度の異常性欲者の役もたぶんうまいだろうなと思う。

稲垣:そう言っていただけるのがいちばんうれしいですね。幅広く演じられる俳優でいたいです。それが俳優だと思うから。

林:吾郎さんってすごく勉強家だし、いろんな世界の人と知り合おうとされていますよね。

稲垣:興味はあります。この業界って、外部と遮断されてるというと大げさだけど、ちょっと特殊な世界なので、そこに危機感を感じた部分もあって。だからいろんな人との出会いを大切にして、いろんなところに足を運んできたというか。

林:独立してからは、もっとそういうことがしやすくなりました?

稲垣:そうですね。SNSもそうですけど、今までにない媒体とか人との出会いが増えたから、新人のような気持ちで楽しくやってますね。ほかの二人もほんとに今、楽しいと思うし、その辺の楽しさが伝わって、皆さんも応援してくださってると思うんです。僕らが快感を覚えながら楽しんでやってることが見ている人に伝わって喜んでくれるというのが、芸能人としていちばん正しい形じゃないですか。

(構成/本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年3月1日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい