患者を救えなかった事実と向き合う… 遺族の手紙で外科医が学んだこと

病気

2019/02/23 08:00

 医師には「忘れられない患者」という存在があるという。自分のミスに対してどう向き合うべきかを教えてくれたり、医師として大切なことに気づかされたりすることも。名医が珠玉のエピソードを明かす。

あわせて読みたい

  • 電撃ネットワーク・南部が腎移植手術 血液型が違う妻でもドナーになれたワケとは?

    電撃ネットワーク・南部が腎移植手術 血液型が違う妻でもドナーになれたワケとは?

    dot.

    4/30

    1カ月で仕事復帰も可能 腎不全に人工透析より「移植」の選択肢

    1カ月で仕事復帰も可能 腎不全に人工透析より「移植」の選択肢

    AERA

    4/11

  • 医者に嫌われる “三流患者”はこんな人

    医者に嫌われる “三流患者”はこんな人

    週刊朝日

    6/12

    人工透析はせずに “最初から腎移植”が増加している!

    人工透析はせずに “最初から腎移植”が増加している!

    週刊朝日

    10/10

  • 心停止下の臓器提供が激減! 法改正で移植医療が危機的状況に

    心停止下の臓器提供が激減! 法改正で移植医療が危機的状況に

    週刊朝日

    4/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す