ミッツ・マングローブ「CMで歌う人々と千葉雄大の職人っぷり」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「CMで歌う人々と千葉雄大の職人っぷり」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

芸能人にとって歌うという行為とは… (※写真はイメージです) (c)朝日新聞社

芸能人にとって歌うという行為とは… (※写真はイメージです) (c)朝日新聞社

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「千葉雄大さん」を取り上げる。

*  *  *
 歌手ではない人がテレビCMで歌うようになったら、それは芸能人としてのステージがひとつ上がったことを意味します。歌うという行為は相当の『許し』がないと成立しません。一方で、歌手が自分の歌の値打ちを自覚した上で、あえて歌うパターンも。♪なめたらあかん♪の天童よしみさん、積水ハウスの八代亜紀さん、♪き・よ・しイチオシ♪の氷川きよしさん。最近ではSUUMOのCMで歌い踊るDA PUMPやタマホームに降臨した北島三郎さんなど枚挙に暇なしです。そしてその最たる事例が、山崎まさよしさんによる♪毎日おもしろいイェイイェイ♪と、吉幾三さんの♪住み慣れた~我が家に~♪でしょう。ちなみにはるな愛さんの♪共立美容外科~♪は、美川さんから引き継がれたものです。

 そんな中、女優・水野真紀さんが長年にわたり♪行け~ば分かる行かないと分からな~いピタットハ・ウ・ス(ハイ! ハイ! ハイ!)♪という人の心を悶々とさせる曲を歌っていた『ピタットハウス』のCM。先日観たらいつの間にか小島瑠璃子に交代していました。ついに彼女も歌うのが許されるステージに到達したということでしょうか。しかし芸能界随一のヒエラルキー図鑑との呼び声も高い、かの東宝カレンダーの表紙を99年から04年まで飾った大女優・水野真紀を突然差し置くのは、いくら10年前のホリプロタレントスカウトキャラバングランプリとは言え気が引けるというものです。CMの冒頭には今や国会議員夫人の貫禄たっぷりな水野さんが一瞬だけ登場し、促すように♪ピタットハウス♪と歌い小島瑠璃子へバトンを繋ぎます。それで気付いたのですが、あの曲は水野真紀さんだからこそ悶々とするだけで済んでいたのだと。こじるりの♪ピタットハウス♪はどストレートにイラッとします。彼女に非はありませんが、この世の紙一重を実感する出来事でした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい