結婚から30年、夫が我慢し続けた妻のいびき… 歯科医がマウスピースをすすめる理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

結婚から30年、夫が我慢し続けた妻のいびき… 歯科医がマウスピースをすすめる理由

連載「歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
若林健史週刊朝日#ヘルス
若林健史(わかばやし・けんじ)歯科医師。若林歯科医院院長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会副理事長を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

若林健史(わかばやし・けんじ)歯科医師。若林歯科医院院長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会副理事長を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

男性の場合は睡眠時無呼吸症候群の人が多いですが、女性の場合は女性ホルモンの減少が関与しているケースが多いといわれている(写真:getty images)

男性の場合は睡眠時無呼吸症候群の人が多いですが、女性の場合は女性ホルモンの減少が関与しているケースが多いといわれている(写真:getty images)

「いびきがひどすぎるから、なんとかして」「寝室を別にしたい」。家族からこのように言われ、悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか。このいびき、歯科で治療ができるといいます。どんな方法なのか、果たして効果はあるのか、テレビなどでおなじみの歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

*  *  *
 50代のある女性患者さんは歯の治療中に、デンタルチェアで寝てしまい、軽いいびきをかいていました。少ししてご自身のいびきの音で目が覚めたのですが、

「私、いま、いびきをかいていましたよね? 今まで主人にもいびきをかいていると一度も言われたことがないので、信じられません」

 と困惑されていました。帰宅後、その患者さんはご主人に早速、確認したそうです。その結果は、

「実は……気づいていたけれど、ずっと言えなかった」

 結婚から30年、夫からの「まさか」の告白でした。

 いびきは上気道がなんらかの原因で狭くなり、呼吸をするときにこすれて発生する、振動音です。飲酒や風邪、鼻炎などで気道が狭くなって起こるいびきなど、一時的なものもありますが、慢性的に起こるものが問題になります。

 慢性的ないびきの原因にはアデノイドで知られる咽頭扁桃(いんとうへんとう)の腫れ、のどちんこと呼ばれる口蓋垂(こうがいすい)が大きい場合、副鼻腔炎(ふくびくうえん)や鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)(鼻の骨が曲がった状態)、睡眠時無呼吸症候群など病気によるものがあります。さらに顎が小さい、肥満、女性ホルモンの減少など体の特性から起こるものも。

 もうおわかりかと思いますが、実はいびきは子どもから大人まで、男女を問わず、誰にでも起こりうる症状なのです。実際、最近では冒頭のような女性の患者さんも増えてきました。男性の場合は睡眠時無呼吸症候群の人が多いですが、女性の場合は女性ホルモンの減少が関与しているケースが多いといわれています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい