丸山茂樹「英樹は深刻な問題じゃない、心配なのは智」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹「英樹は深刻な問題じゃない、心配なのは智」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

勝負の年だねっ (Getty Images)

勝負の年だねっ (Getty Images)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏は、米PGAツアーに参加した2人の日本人ゴルファーについて、その調子を分析する。

【写真】丸山氏が「今年は勝負の年」という女性選手はこちら

*  *  *
 米PGAツアーの「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」(1月31日~2月3日、米アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデール)はアメリカのリッキー・ファウラー(30)が2年ぶりのツアー5勝目を挙げました。この試合で過去2度の優勝を飾っている松山英樹(26)は、15位でした。

 英樹は3日目にパットが決まらず、24位から26位に落としたのが痛かったですね。前週のサンディエゴでもそうでしたけど、どうしても4日間で1日うまくいかないことがある。

 パッティングは、試行錯誤してるような段階なのかなと思いますけどね。まあ、あの順位でぐちゃぐちゃ言ってたらキリがないと思うんです。毎回全部が入るわけじゃないし、リッキーだって前の週に全然ダメだったのが優勝じゃないですか。英樹にはここ2週で安定感が出てきてるんで、深刻な問題じゃないなと思いますね。

 それでも絶対的な自信が持てない限りは、トップに立ったときに、その位置を維持する難しさは出てくるでしょうね。重要でプレッシャーのかかるパッティングを入れ続けられるか。サンディエゴで3位、フェニックスで15位というのは英樹にとって普通の結果ですけど、それ以上のことをやるのには、ほんとに何か明確なものを見つけないと無理なのかなという気がしますよね。

 この試合で小平智(29)は72位でした。心配なのは智の方なんですよ。上位にポーンといけないってのは気になりますね。彼が言ってたのは「日本で上位に入れるような内容でも、アメリカでは全然ダメですね」ってことです。日本で優勝するようなゴルフをして20位に入れるかどうか、という話でしたから。それは僕もアメリカでやってるときに感じたことでした。「日本でこのゴルフできてりゃ完璧に優勝だろうな」と思ってもトップ10だったりしたんで。そういう差ってのはあると思いますよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい