日本のコンドーム生産技術は世界一 厚労省の統計不正でにわかに脚光! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本のコンドーム生産技術は世界一 厚労省の統計不正でにわかに脚光!

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
厚さ0.01ミリのオカモトのコンドーム「ゼロワン」=同社提供

厚さ0.01ミリのオカモトのコンドーム「ゼロワン」=同社提供

 厚生労働省の統計不正問題の余波で思わぬデータが注目された。コンドームの生産量だ。

 厚労省が毎月発表する、医薬品などの生産量をまとめた「薬事工業生産動態統計」において、2009年12月のコンドームの生産量が約4億個となっていたのだ。月産3千万~4千万個で推移しているのに、突出した数字にネット上では「クリスマスでカップルがたくさん使ったのか!?」といった声も上がった。

 厚労省は、「データを送ったメーカーが数値を3桁間違えていた」として、約3千万個に修正した。普段はあまり注目されないコンドーム業界が、思わぬかたちで脚光を浴びることになった。

 実は、日本のコンドーム業界は、その高い技術力で世界的に評価されている。大手のオカモトや相模ゴム工業は、0.01ミリや0.02ミリといった「薄さ」を実現。海外からの旅行客がお土産として競って買うほどだ。

 オカモトの担当者は、薄さの実現には匠(たくみ)の技術があったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい