認知症予防に「ニンニク」! 医師・帯津先生が解説 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

認知症予防に「ニンニク」! 医師・帯津先生が解説

連載「「健脳」養生法――死ぬまでボケない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#ヘルス#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

※写真はイメージです (c)朝日新聞社

※写真はイメージです (c)朝日新聞社

 認知症で一番多いアルツハイマー型認知症では、アミロイドβというゴミのようなタンパクが神経細胞の周りに異常に蓄積して老人斑をつくります。その影響でタウタンパクが神経細胞の中に大量に溜まり、細胞が変性して神経の機能が失われます。

 ですから、まずはアミロイドβを蓄積させないことが重要だとして、アミロイドβを標的にした治療薬の開発が進められてきました。しかし、あまりいい結果は得られていません。最近では、アミロイドβよりも、むしろタウタンパクに注目し、神経細胞の変性や細胞死を阻止する治療薬の研究に重点が移ってきているようです。

 S‐アリルシステインが注目されるのは、アミロイドβの蓄積を抑えるだけでなく、タウタンパクにも働きかけて、神経細胞の変性を阻止する働きがあると見られているからです。さらには、海馬の神経細胞の樹状突起分岐点を増やし、細胞の再生を助ける働きもあるというのです。アルツハイマー型認知症のあらゆる段階での効果が期待されているのです。

 実は、アミロイドβの蓄積は認知症発症の20年前から始まると言われています。臭いなんて言っていられません。いますぐにニンニクを食べ始めるようにしましょう(笑)。

週刊朝日  2019年2月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい