「食べることが難しくなった」4人に1人は認知症!? 食のトラブル4つの障害を見逃すな

ヘルス

2019/02/02 07:00

「最近予約をよく間違える」「会計でいつも大きなお札が出てくる」など、お年寄りの「いつもと違う」異変に気づきやすいのは、歯科医だといいます。「口から考える認知症」と題して各地でフォーラムを開催するNPO法人ハート・リング運動が講演内容を中心にまとめた書籍『「認知症が気になりだしたら、歯科にも行こう」は、なぜ?』では、日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック院長で日本歯科大学教授の菊谷武歯科医師が、認知症の方に対する歯科の役割を解説しています。

あわせて読みたい

  • 高齢者に多発する「食事中の窒息」 認知症や奥歯の噛み合わせとの関連性とは?

    高齢者に多発する「食事中の窒息」 認知症や奥歯の噛み合わせとの関連性とは?

    週刊朝日

    2/4

    心身衰弱にも繋がる嚥下障害 家族も気づかない初期症状とは

    心身衰弱にも繋がる嚥下障害 家族も気づかない初期症状とは

    週刊朝日

    1/12

  • 胃ろうを外そう! 自宅で「食べるリハビリ」とは?

    胃ろうを外そう! 自宅で「食べるリハビリ」とは?

    週刊朝日

    4/24

    誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    週刊朝日

    4/4

  • 認知症の家族の歯みがきはどうすればいい? 専門家に聞いた「口から考える口腔ケア」

    認知症の家族の歯みがきはどうすればいい? 専門家に聞いた「口から考える口腔ケア」

    週刊朝日

    2/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す