松坂大輔のルーキー時代は? 東尾修の“若手選手の育成法” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松坂大輔のルーキー時代は? 東尾修の“若手選手の育成法”

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

注目のルーキー中日根尾のコーチ陣とのコミュニケーションは…… (c)朝日新聞社

注目のルーキー中日根尾のコーチ陣とのコミュニケーションは…… (c)朝日新聞社

 投手なら2日に1度はブルペン投球を行うだろう。日によって状態の良い時もあれば、気分の乗り方、天候によっても左右される。そのたびにコーチ陣が指摘していたら、「自分」を確立していない選手ほど、崩れていく。コミュニケーションをとって、どれだけ自分で気づくか。新人だけでなく、若手選手はコーチとのコミュニケーションの中で自分の頭で解決策を考える力を磨いてもらいたい。

 今年は巨人の原辰徳監督の復帰を含め、阪神・矢野燿大監督、中日・与田剛監督、パ・リーグではオリックス・西村徳文監督、楽天・平石洋介監督と新しい指導者の顔ぶれがそろった。環境も変わって選手も活性化する。第1クール中に紅白戦を行う球団も結構ある。ひと昔前とは時代は大きく変化した。

 見方を変えれば、それだけ大きな集団で1年間を戦おうとしているということだ。もちろん全員が同じスタートラインではない。実績がある選手は、開幕に向けて調子を上げればいい。2軍の中に埋もれていた選手は、逆に2月序盤にアピールし、チャンスを拡大できるか。2月1日から熱いキャンプが期待できそうだ。

週刊朝日  2019年2月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい