訛りが原因? 一之輔「さるかに合戦」の“謎のキャスティング”を解明 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

訛りが原因? 一之輔「さるかに合戦」の“謎のキャスティング”を解明

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

牛「おまたせ、子ガニどん。栗と蜂はまだ来てねえけ? 遅えから先ぃ来ちまったよ」
子ガニ「あれ? おかしいな……あ、来た来た……なんだ? 一緒にうすもいる……」
栗「連れてきたぞー、うすどん!」
子ガニ「(小声で)違えよっ! おらが頼んだのはうすだ!!」
栗「だからうすだんべ?」
子ガニ「いやいや! う、し!う、す、でねぇの!! 臼よんでどうやって仇討ちすんだよ!?」
牛「……子ガニどん、これどういうこった! おらは必要ねえのけ!?」
子ガニ「そうでねぇのす、うすどん! いや、牛どん!(汗)」
牛「臼がいるならもうええな!おらもよく間違われてもうこりごりなんだ! もう帰ぇるから! モウ~!」
子ガニ「……行っちゃった。なんでお前たち、『うす』と『うす』間違ぇんの!?」
栗・蜂「子ガニどんも言えてねえでねぇかっ!?」

 ふと牛が立ち去った後を見ると、こんもりと湯気のたった牛の糞。しばらくすると、「お……ら……で……よ……けれ……ば……」。

全員「クソが口きいた(驚)」

 要するに訛りが原因のダブルブッキングによる『奇跡のアライアンス』。牛の糞が猿をスリップさせて、上から臼が落ちてくるツープラトン攻撃が生まれたのも、牛の短気のおかげなのだ。そんな妄想していろいろ調べていたら、『牛の糞』じゃなくて『ヌルヌルの昆布』の文献もあってギャフン! お伽噺の沼、深し。

週刊朝日  2019年2月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。ニッポン放送、朝日放送ラジオの「菊正宗ほろよいイブニングトーク」(毎週月~金、18時45分ごろ~)に出演しています。ぜひ聴いてください!

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい