ワイン造りでの「有機」「無農薬」は健康によいか? 感染症屋の見解は…

ワインは毒か、それとも薬か

ヘルス

2019/01/22 07:00

 ワイン造りには、原料となるブドウにも、発酵時に用いる微生物に対しても十分なケアが必要だ。ブドウも微生物も病気になる。病気には薬が必要だ。「農薬」も「薬」なのだから、無碍(むげ)に全否定するのは間違いだ。

あわせて読みたい

  • 「健康のため」に有機ワインやビオディナミワインを飲むのは間違っている!? 
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    「健康のため」に有機ワインやビオディナミワインを飲むのは間違っている!? 

    週刊朝日

    1/29

    ソムリエ田崎真也も高評価 仏・ボルドーのビオワイン

    ソムリエ田崎真也も高評価 仏・ボルドーのビオワイン

    週刊朝日

    2/20

  • 感染症屋が語るワイン造り 微生物が「恩恵」にも「邪魔」にもなる理由とは?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    感染症屋が語るワイン造り 微生物が「恩恵」にも「邪魔」にもなる理由とは?

    週刊朝日

    1/15

    黒木瞳「失楽園」で有名なシャトー・マルゴーは1級 ワイン「格付け」の意外なきっかけ
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    黒木瞳「失楽園」で有名なシャトー・マルゴーは1級 ワイン「格付け」の意外なきっかけ

    週刊朝日

    11/20

  • 『神の雫』でも描かれた「メドック・マラソン」は、なぜワインを飲みながら走るのか?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    『神の雫』でも描かれた「メドック・マラソン」は、なぜワインを飲みながら走るのか?

    週刊朝日

    1/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す