Charaに3人目の子!? 新譜で示した“妊婦のおなか” (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Charaに3人目の子!? 新譜で示した“妊婦のおなか”

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故
デビュー以来、一貫して「愛」をテーマに曲をつくってきたChara

デビュー以来、一貫して「愛」をテーマに曲をつくってきたChara

Charaの新作『Baby Bump』(ユニバーサル UMCK-1614)。初回限定盤はCD2枚組だ

Charaの新作『Baby Bump』(ユニバーサル UMCK-1614)。初回限定盤はCD2枚組だ

「Twilight」はTENDREとの共作。70年代のスライ&ザ・ファミリー・ストーン風のグルーヴやAOR的テイストのサウンドをバックに、切ない歌声を聴かせる。「Cheek to Cheek」は、打ち込みではなく“生”なゆったりとしたバンド・サウンド。ラップを織り交ぜたCharaの歌の説得力、“真っ直ぐに生きて 傷つくの好きよ”という歌詞にひかれる。

「Cat」の歌いぶりは年相応の落ち着いたたたずまい。“愛を身籠もれば”という歌詞が登場する。「赤いリンゴ」はChara自身が制作を手がけた。HIMIがギターで参加。秘めた恋心を明かした切ないラヴ・ソングだ。SWING―Oとの共作「Everybody Look」ではプリンスへの敬愛ぶりがうかがえる。

 アルバムを締めくくる「小さな愛の工場」は、自身の足跡を踏まえたステートメント・ソング。“私は美しい物をほお張りたいだけ 光と影を 味方につけて”というつぶやきが大きな余韻を残す。

 若いミュージック・クリエーターに刺激され、渡り合いながら、“息子たち”のような彼らをしっかりと受け止める“母”としての包容力。これまでありのままの自分をさらけ出してきた彼女が、本作では甘さだけでなく深みを増したウィスパー・ヴォイスを聴かせる。これまでの歩みへの自負、誇りを秘めつつ、今、あるがままの姿、新たな一歩への意欲を物語る傑作だ。(音楽評論家・小倉エージ)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい