ミッツ・マングローブ「賀正! 日本の客とユーミンと」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「賀正! 日本の客とユーミンと」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

2018年末の紅白歌合戦でもハイライトの一つだったユーミン (c)朝日新聞社

2018年末の紅白歌合戦でもハイライトの一つだったユーミン (c)朝日新聞社

 話をユーミンに戻します。ユーミンの音楽は、今や『究極の客商売状態』の域にある音楽と言えるでしょう。通りすがりの大衆が手にし耳にする楽曲が何百とあり、アーティストの思惑とは別の次元で自由気ままに消費されています。それでいてユーミン側と顧客(ファン)の濃密な関係によって成り立つ『人気商売性』も、いまだ凄い熱量で確立し続けている。現在のエンタテイメント界においてこれを両立させるのは非常に困難なこと。

 元来、アイドルというのは『客商売性の極めて高い人気商売』の象徴(例:長嶋茂雄・美空ひばり・SMAPなど)でしたが、いつしかアイドル歌手もアーティストも限定的な顧客に特化した『人気商売度』が増し、よって大衆的なヒット曲や国民的アイドルが生まれにくくなってしまっています。そんな中、昨年大ヒットしたDA PUMPの『U.S.A.』は、久しぶりにリアルタイムであらゆる通りすがりたちに伝播した純粋な国民的流行歌でした。あの曲をきっかけに再びかつてのような『人気商売』のピッチに見事復活できるか、今年こそ勝負の年です。頑張れISSA! 頑張れDA PUMP!

 それにしても、『自ら出口を遠ざけるこじらせっぷり』がユーミンの魅力なのだとしたら、ユーミンは『国民的こじらせ屋』です。そして同時に日本人そのものもかなりの『こじらせ民族』ということになります。なんだかとても誇らしい。

週刊朝日  2019年1月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい